2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
突発学パロ  03/02/2013  
高校生はとにかくお腹が減るものである!
という持論の下にカガリは今日も買い食いという愉悦に浸るためコンビニの店内を見渡した。

「よし!今日はお前に決めたあー!肉まん下さい!!」
「かしこまりましたー」

顔なじみとなった店員はいつものようにビニール袋に入れることもせず、専用の紙容器に入れただけでカガリに手渡した。

「おじさん、またねー!」
「いつもありがとうねー」

買ったばかりの肉まんを軽く振り店を出て即かぶりつく。

「あちっ!」
「……気をつけて」
「!?」

背後から急に聞こえて来た声にビクリとし振り向けば、どこかで見た事のあるような制服の後ろ姿。
記憶を辿り、それがこの近所の有名進学校のものだと認識する。

 あんな賢い学校に知り合いはいないよな……

と、そこまで考えてはたと思い返す。

 見られた!!
 がっついて火傷したところを見られたんだ!!!

途端かーっと頬が熱くなって汗まで滲んでくる。

カガリが通っているのはいわゆるお嬢様学校として有名な学校であり、よってコンビニで肉まんを買ってそのまま路上で食べるような友達はいない。
そのあたりもカガリは分かっているので、友人と別れた後一人で買い食いをしたのだが……

 見られて……しかもあの声、絶対笑ってた!!!

恥ずかしくてくやしくて何だか泣きたくなってくる。
けれどお腹の方はそんなカガリの気持ちを汲んでくれず、小さく「くぅ~」と音を立てた。

肉まんを見れば知らず知らず力が入ってしまったのか指の形に凹んでしまっているではないか。

 うんうん、お前に罪はないよな
 お前はちゃんとあったかくて美味しいうちに食べてやるからな

複雑な気持ちを抱えながら肉まんを腹に収めれば、不思議なもので感情も自然に収まってくる。

そして気を取り直し家路に着いたのは昨日の話。

再びあの男子生徒に遭遇するのは――――


――――今日の話。


まだお互いの名前さえ知らない。
そんな頃のお話。

gakuparo.jpg

いや学パロ楽しいよねって
それだけですww

つづきませんww
 | 超短文  | Page Top↑

アスカガ溺愛!

オエビ・絵茶室など

リンク

メールフォーム

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

INDEX

告知

OTHER

↓入隊しました!

ブログ内検索

RSSフィード