2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
【学パロ】大ッキライ  05/21/2012  
顔を見るのが嫌

声を聞くのが嫌

噂話を聞くのが嫌

後ろ姿を見るのが嫌

廊下を歩く足音が聞こえてくるのが嫌

下駄箱からちょっとだけ覗いてる靴のかかとを見るのが嫌

教室の窓際一番後ろにある机を見るのが嫌

それなのに……


「アスハさん」
「な…なんだッ!?」
「……前から気になっていたんだが……どうしていつも俺の方見てるんだ?」

夕暮れの教室。
たまたま図書室で面白い本を見つけてしまって、たまたま時間を忘れてしまった。
たまたま忘れた荷物を取りに教室へ向かえば、誰もいないはずの教室にたまたまアイツがいた。

「はあっ!?何それ!自意識過剰じゃないか?誰がお前の事見てるって?ありえないっ!」
「そうか……」

瞬間眼鏡の奥の緑色の瞳が微かに揺れた。
―ように思えたけれど、窓から差し込む強い夕日の赤が眼鏡のレンズを染めるばかりで何も分からなくなってしまった。




―頭の中が絡まってこんがらがって上手く解けない―





大っ嫌いな奴がどんな表情してたってどうでもいいだろう?
自分には関係ない
そう割り切れるはずなのに……


見たくないはずの後ろ姿から目が離せなかった。


アイツと顔を合わせる原因になった図書館が嫌

アイツと話をする原因になった本が嫌

アイツの目を見えなくした夕日が嫌

わけのわからない感情を持て余した自分が嫌

今日も嫌な事ばかりの一日だった

それもこれもみんなアイツのせいだ!

だからアイツは嫌いだ。






すっごい久しぶりに文章書いたような気がします(;´Д`)

短い文章楽しいですね!
またかきたいな~(*´∀`*)
 | 超短文  | Page Top↑

アスカガ溺愛!

オエビ・絵茶室など

リンク

メールフォーム

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

INDEX

告知

OTHER

↓入隊しました!

ブログ内検索

RSSフィード