FC2ブログ
2019 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
どうも正月の風邪以来消化がよくない。
けれどアスカガ愛は相変わらず(無駄に)溢れている!!
お絵かき欲も止まらず眠い!!





お待たせ!…かどうかはよくわかりませんがHP連動カガアスSSアスランサイドその4です!









カガリに軽く頬にキスをしてもう既に半月…
俺の気持ちに気付いてくれたかと思いきや……
カガリの態度に全く!変化は無い!!

正直がっくりきた……

いや…確かにあれくらいで気付いてくれというのは無茶かもしれないけれど……少しくらい意識してくれてもいいんじゃないかと思う。

そんな項垂れた毎日の中、日常生活はお構い無しで過ぎていく。

このところ近づいてきた学園祭の準備のため毎日忙しい。
自分は裏方に回っているため、事前の準備はそれなりに忙しいが、その分当日は多少の余裕がある。
あわよくばカガリと2人きりで色々周り(噂になっても構わない!いやいっその事公認になれるならこんなに嬉しい事は無い!)たいとか思ったりするけれど、同じく当日手の空くキラがいる限り2人でゆっくり、というわけにはいかないだろう…
いっその事ラクス・クラインと一日中一緒にいればいいんだ!

それに…あんなむさ苦しい野郎がたくさんいる危険な場所にあんなに可愛いカガリを連れて行くのも気が引ける。
俺がすっと傍にいてガード出来ればいいのだけれど、もしも何か想定外の事が起こって傍にいられないなんて事があったら……!!!
危険だ……
危険すぎる!
中学と違って高校時分の男子生徒なんて飢えた狼と一緒だ!!

カガリが可愛過ぎるのがいけないんだ!

ここでふと我に帰る。

そもそもカガリがうちの学園祭に来るとも言っていないのだ……


この日もいつものようにキラの家へと寄る。
表向きは学園祭の準備と宿題……
しかしもちろんカガリに会えるかも!という下心があった。

玄関に入るとまだカガリの靴は無かった。

しかしキラの部屋で学園祭の話をしていると玄関の開く音が聞こえた。
いつも大きな声で”ただいま”を言う声が聞こえない。
カガリでは無いのかとも思っていると、複数の階段を上る足音が聞こえてくる。
そしていつもとは違い遠慮がちに鳴らされるドアのノック。

そしてそこから覗いたのは愛しのカガリ…だけでは無かった。

友達と一緒に宿題を見て欲しいという。
そんなのいつでも見てあげるのに……
正直その友達とキラが邪魔だ!

そのうちカガリが飲み物を取りにいくというので手伝う事にした。

キッチンへと向かい階段を降りていく。
上からカガリの頭頂部がよく見える。
それだけでも何だか嬉しいと思う俺は可笑しいだろうか…?

キッチンに着いて、カガリとコップに飲み物を注いでいく。
静かな空間に2人きりになって…妙に緊張してくる。
何か話さなければ…とも思うけれど元来話し下手な自分は何を話せば良いのか全く分からない。
ただ黙ってカガリの飲み物を注ぐ手を見つめていたら…カガリの方から話しかけてきた。

「アスラン、彼女作らないのか?」

な…なにを行き成りっ…!!

「ん?ああ…好きな子がいるからな…」

咄嗟に驚いて正直に言ってしまった!

「綺麗な人?」

ああ!心がすっごく綺麗だ!って君の事だよ!!
でも多分カガリが聞いてるのは外見の事だろう。

「ん…どちらかといえば可愛い…かな?」

すっごく!可愛いよ!!君が!!!

「可愛くて…少し慌てたり、落ち着き無かったりする事もあるけど…真っ直ぐ生きてる感じの素敵な女性だよ…」

「そっか…」

多分カガリは俺の気持ちなんて全くこれっぽっちも髪の毛ほども!気付いてないだろう…
そして反対に…聞いてみた。

「…カガリは?その…好きなヤツとかいるの…か…?」

「えっ!?わ…私!?」

慌てて、動揺して目が泳いでいる。
…いるんだ……
かなりの…例えるならば頭をジェネシスで撃ち抜かれたくらいの衝撃を感じたが…この場は必死で平静を装った。

「いるのか?」

「う…うん…っ」

やっぱり……地下6000mめり込んでマグマにぶつかった気持ちだ…

「…どんなヤツ?」

「えっ!?え…っと…」

「や…さしい…人…いつも助けてくれる…んだ…」

「そうか…」

出来ればそいつを探し出して今すぐ殺してやりたい…!!

けれどそんな事出来るはずもなく…

完全に失恋したと確信して…溜息を吐いた…

でもその溜息が2人分だったことには気がつかなかった。

飲み物を持って部屋に戻れば学園祭の話で盛り上がっていて…

カガリが来ることになった。

あれほど望んだ展開なのに心は重く、単純に喜ぶことはもう出来なかった…








↓よろしければぽちっとお願いします♪
とっても励みになります!


はくしゅ

※拍手・レスは携帯対応していません

機動戦士ガンダムSEED DESTINY | 過去の遺物  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
いやあ~…ご無沙汰です。遅すぎですがあけおめです♪今年もよろしくお願いします♪
3万打おめでとうございます!アスカガで最高潮に盛り上がってますね~~!いやー熱い!熱いですよ~鳥さん!
先日は絵チャできずに残念でした…可愛いトォニィを描いてくださりありがとうございました!
なんかお互い追求する萌えに向かって果てしなく突っ走ってる感がありますね~(笑)。そうそう、PCに向かいすぎてダメな人間になってしまいそうな恐怖感は少しあります。
(というか明らかに体力が落ちてます…)
お腹痛い?おんなじです。私はチーズのせいではないとは思うのですが、どうもお腹ゆるいです。辛い。そこまで一緒か…(笑)。そういや私も最近夢にまでジョミブルを見るようになりました。きっともう末期です。遅すぎる青春をまあ今楽しんでるんだなーとでも思っておくことにしましょう。死ぬまでこんな萌えハイテンションが続くとは思えないので、いつかきっと萌え尽きるまで…(笑)。
ではではことしが鳥さんにとって、ますます素晴らしい一年になりますよう祈願しております♪あ、手芸記事も期待してますよ~♪
ojimi  01/14/2008 Mon URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



脱稿おめでとうございますvv
お疲れのところこんなところまで来て頂いて恐縮です!!
きっとojimiさんもすっかり歩くのをやめPCに向かっているのでは?(笑)
いいんです…外は冬で寒いからおうちが幸せです…(逃避
そして萌えハイテンション…(笑)
いや多分ojimiさんには負けます!!!
いつもojimiの萌えに対するパワーには感動させられてますから!!
何だかもうojimiさんの萌え尽きる姿が想像できないんですが、そうですよね…一生続くわけない…のかな??(笑
ああ!やはり萌え尽きる姿が想像できません!

こちらこそ!今年もよろしくお願いいたします!!

鳥  01/15/2008 Tue URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://torinotsumami.blog121.fc2.com/tb.php/84-83d2fbb4

アスカガ溺愛!

オエビ・絵茶室など

リンク

メールフォーム

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

INDEX

告知

OTHER

↓入隊しました!

ブログ内検索

RSSフィード