2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
あけましておめでとう(v^-゜)

机の端に置きっぱなしの携帯は、小さな青いLEDを点滅させてメールの着信を知らせている。
開いて見ればそれは隣のヤマト家の幼なじみからだった。

キラも俺も高校3年生。世間一般で言う受験生だけれど、キラは今一番ノーベル賞に近い高校生と言われているくらいの秀才で(一部の分野においてだけれど)その能力を買われて某大学に既に推薦入学が決まっている。
俺はといえば成績はキラより良いものの、未だ受験を控えた身として勉強漬けの冬休みを過ごしていた。

勉強ばかりの毎日の中では日の過ぎる感覚も曜日感覚も無く、師走であった事さえすっかり忘れていた。
両親が海外出張中で、家に一人で住んでいる事もそういった世間から隔離される要因の一つなのではないかと思う。

そんな時キラからのメールを見て初めて『新年』を意識した。

突然年が明けた事に気付かされた俺は、財布とダウンジャケットを掴むと家から一番近い神社へと向かった。

チャリン
カランカラン

10円玉1枚と5円玉1枚を賽銭箱に放り込み、続いておみくじを引く。

出ていた番号を窓口の巫女姿の女性に告げると、女性は小さな紙を手に戻ってきた。

結果は…

「…縁起悪すぎだろう…?」

おみくじなんて別に信じているわけじゃない。
でも今年は特別な年だ。
そりゃ勉強はしているし、模試の結果は問題無い。
けれど受験生にとってこれはあまりにも…

一通り目を通した後敷地内の木の枝に今受け取ったばかりのおみくじを結び付ける。
そしてもう一度おみくじを引いた。
先程と同じ女性が渡す時ほんの少し躊躇ったように見えたのは気のせいだろうか?

「嫌な感じだな」

嫌な予感程よく当たるとはよく言ったものだ。

「はあ…」

ここまでいくともう溜息しか出て来ない。
どこかで聞いたことがある。
大吉と大凶は同じ確率で出るんだって…

「2連続大凶なんてある意味すごい確率かな…?」

先程と同じようにもう一度木の枝に大凶のおみくじを結び付ける。

そして家路につくために階段を一歩降りた瞬間ー

「おい!待てよっ!そのまま帰るつもりかっ!?」
「えっ!?あ!危ないっ!」

突然肩を掴まれ階段を踏み外しそうになり慌てて手摺りを掴んだ。
振り向けばそこには先程おみくじを手渡してくれた巫女姿の女性がいた。

「あっ!ご、ごめんっ!でもお前このまま帰っていいのか?なあ、もう一度ひいてみないかっ?」
「何なんだ、君は!」
「あ、いや、私はここの娘なんだけど…その…申し訳ないっていうか…なあ、もう一度だけでいいんだ、おみくじひこう?」
「変な奴だな」
「わ、悪かったなっ」
「ー分かったよ、もう一度だけだな」
「!!うんっ!」

あまりにも嬉しそうに笑うから…ついつられてこっちまで微笑んでしまう。

木製のケースを手にすると彼女は少しだけ待つように言い、手を添えて小さく何か呟いた。

「うん!私も祈ったから大丈夫!ひいてみてくれ!」

言われるままにひき、出てきた数字を見た彼女の顔でそれがとてもいい番号だという事が分かった。

「大吉…」
「良かったなっ!これで受験もばっちりだ!」
「ああ、ありがとう」

2勝1敗のこの結果を果たして素直に喜んでいいものだろうか?

階段を降りかけてふと思う。

「あれ?どうして俺が受験生だって分かってー」

振り向けば彼女が忙しそうに他の客の相手をしているのが遠目でもよく分かった。

受験日はもうすぐ。

灰色の受験の日々に変わりはないけれど、何となく良い一年になりそうな予感がした。

大吉のおみくじを丁寧に折り財布に仕舞うとキラにメールをした。

あけましておめでとう。
今年もよろしく。

「試験に受かったらお礼参りに来ないとな」

携帯をポケットに仕舞い、歩く足は行きよりずっと軽かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あけましておめでとうございます!
本年も駄文と駄絵ばかりではありますがどうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)
みなさまにとって今年も素敵なアスカガイヤーになりますように!

私信1
あけおめメールありがとうございますvvvv
すっごくうれしかったですvvv
返信遅くてすみませんがもう少し待っていて下さいませ(汁)

-------
sent from WILLCOM 03
 | 未分類  | Page Top↑

アスカガ溺愛!

オエビ・絵茶室など

リンク

メールフォーム

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

INDEX

告知

OTHER

↓入隊しました!

ブログ内検索

RSSフィード