FC2ブログ
2009 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
いたずら?おかし?  10/31/2009  
改めて1週間お付き合い&応援ありがとうございました!
昨日はさすがに力尽きてたっぷり寝てしまいましたww

でもまだ眠いww

ところで明日はとうとうスパークですね!!
いいなあ・・アスランサミット・・
いいなあ・・イザークプチオンリー・・・
行かれる方、精一杯楽しんできてくださいねー!!

あ、JUICYアスカガアンソロPeachSodaはDream Makerさんが委託販売してくださいます♪
東6 む 9b にて絵も本人も美しいvSORAさんが販売してくれますよ~vvv
ぜひ覗いてみてください!

追記
忘れてたww
MR.ALEXは東6ホール む6b Honey Orange! さんが販売・・・してくれるはずww
kojiさんは放浪する人だからな・・(笑



世間では冬コミの当落発表もありましたね。
見た感じ、みなさま受かってらっしゃるような・・?

明日のスパークが終わったら冬コミ原稿だ!という言葉をお見かけして、大変だなあ、と・・・

ん?

私は多分次に本を出せるのは2月かな?と思ってるんですが・・

・・

もしかしてやばいの??(長編予定&遅筆なのでwww


そろそろ始めとこ・・(汗


そういえばアレを買ってしまいました!
「赤い彗星専用ラーメン」ww
話を聞いた時は「え~?そんなのいらなーい」とか思ってたのに、いざスーパーで実物を見たら迷うことなく買っていた自分がいましたww

「どんなの?」
と、興味のある方は続きをどぞ~^^


スポンサーサイト
 | 雑記  | Page Top↑
おめでとう!!!!!  10/29/2009  
おめでとう!





最終日は真面目にアスカガで*^^*

1週間おつかれさまでした!!&ありがとうございました!!!


 | 20091日1アス!  | Page Top↑
ほとばしる汁  10/28/2009  
「くっ・・

は・・・あっ・・」


「アスラン、そんなに頑張らなくても・・・」


「大丈夫っ・・


俺がしたいだけだから・・・」


ぜえはあ・・




続きは  more open !?  からどうぞ
 | 20091日1アス!  | Page Top↑
その執事、無能  10/27/2009  
「お嬢様、何か御用でしょうか」
「アスラン!何度言ったら分かる!『お嬢様』というのは止めてくれ!」
「……失礼いたしました。ご主人様、いかがいたしましたか」
「ん…今日大切な客人(キラ)が来る。それで……大丈夫か?」
「何か心配事でもおありですか?」
「……(お前が一番心配なんだよっ!)」
「大丈夫です。すべて私にお任せ下さい」
「……じゃあ試しに紅茶でも淹れてくれ」
ご主人さまww
「お安い御用ですっ!!

っと・・メモは・・あったあった!

まずポットを暖めて・・

ん?お湯の温度はどうだ?

温度計はどこいった?

カップはどれを・・まあ、どれでも飲めればいいか

うあっ!

あちっ!!」

わたわた



「はあ・・・」(だからお前が一番心配だって言うんだ・・)


その執事、理系
 | 20091日1アス!  | Page Top↑
赤い巨塔  10/26/2009  
俺の名前はアスラン・ザラ。

どうも、アスラン・ヅラです


このオーブ国立総合病院の外科医をしている。

仕事は順調で外科部長の座もそう遠くない。
そう言われてもいる。

そんな俺の目下の心掛かりは・・・・



こいつだ


むか

シン・アスカ

サッカーの試合中の骨折で入院してきた高校2年生だ。

こいつが

こいつが


何かとつけてナースステーションに入り浸っている!!!


ナースステーションにはそう、

彼女がいるわけで・・・

アスハさん


今日もまたナースステーションの前にへばりついている・・・

全く!邪魔なんだよ!(と、本人には決して言えない)




・・・・一刻も早く退院させてしまおう・・・・













「だーかーらー!隣のオヤジどうにかしてくれって!!」
「シン、またか?」
「いっつも話しかけてきて煩さいんだよっ」
「いいじゃないか、退屈しなくて」
「おまけに変な仮面かぶってるし・・・」
「ああ・・確かにアレはちょっとな・・」
「だろ?だから・・・」
「じゃあ可愛い女の子の隣がいいのか?例えばステラとか・・・」
「ばっ・・馬鹿じゃないのっ!?アンタっ!!お、俺、もう戻るからっ!!」
「ぷっ」(可愛ーい^^)
ぶつぶつ・・



(よしっ!次は俺の番っ!!)

「あのっ!アスハさんっ!」

ブーッ!

「あ!ザラ先生ごめんっ!ナースコールだからまた後で!」

「(T△T)」(号泣)
 | 20091日1アス!  | Page Top↑
認識した(BlogPet)  10/26/2009  
カガリたんは、認識した。

*このエントリは、ブログペットの「カガリたん」が書きました。
 | 未分類  | Page Top↑
『大変だっ!
オノゴロ沖から未確認生物が上陸したっ!
直ちに対応せよ!』


「「了解!!」」


ゴジークが出た!!

「これは大変だっ!すぐにどうにかしないと!!カガリ、少し待っていてくれ!すぐ戻る!」
急げ!!
「は!?こんな大変な時にお前何言ってるんだ!?」
もしかして・・・
「あっ!もしかして生理現象か?だからあれほど出撃前にはトイレ行けって…!」

「ちーがーうー!!!」




オーブの平和はオーブ軍によって日々守られている。

……多分……

ウル●ラ隊員風^^
 | 20091日1アス!  | Page Top↑
ドリームマッチ☆04  10/25/2009  


「……あ、じゃあさっき通ったカラオケ屋さんにでも?」
「……気持ち悪い……」
「えーっ!!ちょ、ちょっと!先生っ!!」

そういいながら、半ば倒れこむように駆け込んだのはシンプルな外装のホテルで、フロントにも寄らず真っ直ぐエレベーターに向かった。

「ごめん…上着の内ポケットから鍵出して開けてくれないかな」



内ポケットって!!


上着に手を差し込むとシャツの下の体温をすぐそこに感じる。

内心発狂しそうになりながらもどうにか鍵を取り出しドアを開ける。

するとそこには小さくて殺風景だけど僅かに人が生活している気配のある部屋があった。

「先生トイレっ!」

慌ててトイレに先生を押し込むとコップを探し水を汲む。
他に出来ることはないかと辺りを見渡し、タオルを濡らして持っていった。

先生は倒れこむようにベッドに横になった。

「アスハ、すまない…少し休んだら送っていくから…」

そういい残し、私の手を握ったまま眠ってしまった。


振りほどこうと思えばすぐに出来るけど

帰ろうと思えばすぐに帰れるけど


それも何だか勿体無いような気がしてもう少しだけ、もう少しだけと心で呟きながら先生の寝顔を見ていた。





それが昨日の事。





先生の顔を見ながらつい寝入ってしまった私は気がついたらベッドに寝ていて……先生のおはようで目が覚めた。


「昨日は本当に悪かったな、おかげで風邪も良くなったみたいだ」
「…ん……え!?私寝ちゃって―!!」
「本当に悪かったよ、でもちゃんと責任は取るから」
「は!?責任!?」
「結婚しよう」
「は!?」
「お父さんに挨拶に行くのはいつがいい?」
「はあっ!?」
「神前と仏前どちらがいいかなあ…でも人前でもいいかもな」



先生が何を言っているのかよく分からない。



「それって……」
「ああ、言い忘れてた、好きなんだ。付き合って欲しい」



嗚呼神様!!!



昨日までとは全く違う先生。




でもそんな先生も嫌いじゃない…かも…



 | 短編  | Page Top↑
ハロウィンが近いということで今年の文化祭は仮装がテーマとなった。
おかげで学校のいたるところに箒を手にした魔女やらかぼちゃやらが溢れている。

うちのクラスも悪乗りするクラス委員のおかげでヴァンパイア喫茶などというものをする事となった。

そしてカガリのクラスも……


「はあっ!?今何て言った!?」
「だから、悩殺的可愛さだったぜ?カガリちゃん」

……眩暈がした……
一体カガリはどんな格好を……!

ディアッカが一緒に撮って貰ったという携帯の写真を見て倒れそうになった……



カガリ……君って……(ちょっと妄想



慌ててカガリの教室へ向かえばカガリは丁度休憩に入っていた。

「おっ!アスラン!そっちはどうだ?」
「どうだじゃないっ!!な…なんだ!その格好!!」
「ん?ラクスが作ってくれたんだが…そんなに変か?」

変とかいう話じゃないっ!!

露出が

露出がっ!!


「あ、そろそろ交代の時間だ。アスランも良かったら何か食べていけよ」

「ちょっと待っーーた!!!」
誰にも見せたくないっ!
「上着忘れてるっ!!」
「ほへ?」




それから全く自分のクラスに戻らなくてクラス全員の怒りを買ったのは言うまでもない話。
 | 20091日1アス!  | Page Top↑
ドリームマッチ☆03  10/24/2009  
かりかり




図書室に小さく響く鉛筆の音と声。

時折珍しいものを見るかのように通り過ぎていく生徒の視線が妙に気になる。

それもそうだろう。

ザラ先生が特定の生徒と一緒にいたり会話しているところなんて滅多に見られないのだから。

フレイが用意していた問題集の難問はあっと言う間に複雑に絡まった糸が解けていくようにするりと解かれていった。

さすがは教師、といったところだろうが、その鮮やかで分かりやすい解説にため息が出る。

それでも思った以上に時間がかかり、帰り支度を整えると外はすっかり夜の帳に包まれていた。


「先生、今日はありがとうございました!」
「役に立てたのなら良かった」
「先生って……もっと無愛想かと思ってました」
「なっ…アルスター酷いな」
「ごめんなさい。でもみんなそう思ってますよ、きっと」

フレイと先生のやりとりをぼんやり眺めながらどうにも入っていけない自分はただ静かに下駄箱へと向かっていった。
だからフレイが急にさよならを言って駆け出してもいまいち状況が理解出来ずにいた。

「じゃあ行こうか」

そう言ったのは隣にいる先生で……



え?

行こうって??



「えーー!!!???」
「嫌だったか?」
「いやっ!全然っ!!」

一体何の話!?

よく分からないけど喜んでいい状況??

「フ…フレイは…?」
「聞いてなかったのか?彼氏が迎えに来てくれた、って言って帰っていったぞ」
「あ…そうだったか…」

フレイの彼のサイは心配性で、今日に限らず少しでもフレイが遅くなるものならすぐに迎えに来る。
私はそんなフレイが少しだけ羨ましくもある。

「アスハの家はどこらへんなんだ?」
「大府町だ」
「遅くなったから親御さんも心配しているだろう。連絡とかいいのか?」
「今週は父が出張でいないから私一人なんだ。だから大丈夫」
「そうか…じゃあ、夕ご飯でも食べに行かないか?」
「え!?は、はいっ!」

これはもしかして夢なんだろうか?
それとも普段からポイ捨てしたり遅刻しないで頑張ってる私への神様からのプレゼントなのかっ?

先生が連れて行ってくれたのは小さなラーメン屋さんで、とんこつと餃子のいい匂いが辺りに充満していた。

「……美味いっ」
「それは良かった」

先生が嬉しそうに微笑みながらこちらをみているのを感じ、頬が熱くなる。
幸いにも熱いラーメンがそんな事を隠してくれたけれど……

先生はちょっと失礼、と言うとビールを注文した。

そんな事一つ一つが先生がやっぱり大人で、自分とは違うんだと認識させられるような気がして……
でもどこかでそんな先生も格好良く思えてしまう。



全く自分はどうかしている―



店を出ると先生の顔はアルコールの影響かほんのり赤くなっていた。




そんな先生も可愛い……



けれど先生の足元が少しふらついているような……



「先生、大丈夫か?」
「あ…あ…、昨日から少し風邪気味で、いつもより酔いやすいみたいだ」
「風邪っ!それなら早く帰らないとっ!」
「でも君を送っていかないと…」
「私なら一人で帰れるからっ!」

ふらつく先生の体を支えると仄かにビールの苦い匂いがした。



瞬間、強く抱きしめられて―



「少し、一緒に休んでいかないか…?」





神様!!これはプレゼントなのですか?どうなのですか!?

 | 短編  | Page Top↑
始まったぞ~!!  10/23/2009  
やあ
俺の名前はアスラン・ザラ

俺の誕生日まであと1週間ということで
なんだかいろいろな人がお祝いしてくれるらしいな

しかし
どれほど愛してくれてもこの身はオーブ連合首長国(の代表)のもの…

え?
それでもいい?

そ、そうか…!

ならば君もぜひオーブ軍に入隊しないか?
今なら俺のブロマイドが…え?いらない?

代表のがほしい?

そっ…それはだめだっ!!

あれは俺の大事なコレクショ…い、いや何でもない!

とにかく1週間ぜひ楽しんでくれ!


少女まんが風を目指したらしいですぜww
 | 20091日1アス!  | Page Top↑
やります!!!
アスラン誕生日おめでとう企画
1日1アスラン!!!

期間は10/23(水)~10/29(木)の1週間!!
まだ何もとりかかってないけどww案内だけ作った(笑)

↓クリックで拡大します^^
参加者募集中!!
画像で作ったけど・・・URLとかコピペできないじゃないかwww
企画案内URL
http://blog-imgs-34.fc2.com/t/o/r/torinotsumami/1day1athrun.jpg
バナーURL
http://blog-imgs-34.fc2.com/t/o/r/torinotsumami/10231029.gif
でございます・・・


バナーも作った(笑
1日1アスバナー 


参加してくれたり、応援してくれる方は良かったら↓貼り付けて下さい^^
バナーをクリックするとここに飛びます。

<a href="http://torinotsumami.blog121.fc2.com/blog-entry-495.html" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-34.fc2.com/t/o/r/torinotsumami/10231029.gif" alt="参加者募集中!!" border="0" width="200" height="40" /></a>

 



バナークリックで企画案内画像に飛ぶのはこちら↓

<a href="http://blog-imgs-34.fc2.com/t/o/r/torinotsumami/1day1athrun.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-34.fc2.com/t/o/r/torinotsumami/10231029.gif" alt="参加者募集中!!" border="0" width="200" height="40" /></a>

 




ぜひぜひご参加を!!


共同開催(笑
アスフェス@顎
http://gakusayuki.blog118.fc2.com/
↑というか1日1アス企画発案^^
がんばれ~!!





・・・28日の夜から絵茶室でカウントダウンしたいなv



レスを下に折りたたんでおきます!^^
 | 告知  | Page Top↑
ドリームマッチ☆02  10/22/2009  
だってどうしても分からないところがあるんだもの!』と強引に押し切られ、仕方なく理科準備室の扉の前に立った。

それだけで胸がどきどきして、手まで震えてくる。

なかなか決心がつかず、ノックするために手を上げては下ろしの繰り返しだ。

そもそもどうしてこんな事態になったのか。
そう思案していたから目の前の扉が開いたのに気がつくのが遅れた。

「何か用か?」
「あ……」

急に目に飛び込んできた眼鏡の奥のみどりの瞳。
こんな色のガラス瓶のジュースがあったような…と記憶を探る。
魅入られたように体が動かない。
そしてその呪縛は優しく解かれた。

「用なら入るか?」

先生の声はいつも穏やかだ。
穏やかに心に染みてくる。

始めに気になったのはその声。
次に目、そして背中。

誰かを見続けたい、誰かに見て欲しい、そして触れたい。
そんな感情が自分の中にあるという事を初めて知った。

促されて入った理科準備室には様々な実験道具が太陽の陽を反射していた。

「で、何だ?」
「あ、あのっ!実は物理でよく分からないところがあって教えてもらえたら有難いんだがっ」
「授業で分からないところが…?」

緊張を紛らわせようとフレイから言われた事を早口でまくし立てる。

「いやっ!受験用の問題集なんですけど、無理ならいいんだ。自分たちでもう少しやってみるからっ」
「……いつ?」
「やっぱり無理だよな!そうだよな!……え!?」
「いいよ、いつ見ようか」
「出来れば今日の放課後……」
「分かった。じゃあ4時に図書室でいいかな?」
「は…い…」

絶対に断られると思っていただけに拍子抜けして理科準備室を後にした。


きーんこーん…


教室に戻ると同時に昼休みの終了を知らせる鐘の音がなった。




 | 短編  | Page Top↑
突発短編  10/21/2009  
私、未だ青い高校生。
彼、社会人。しかも教師。

越えられそうな気が全くしない分厚い壁がそこには存在する。



ドリームマッチ☆01



「おはようっ!」

校庭にばしん、と音が響く。

「あ、ああ、おはよう、アスハ」

先生の朝はいつもぼんやりしている感じがする。
落ち気味の肩をしゃっきりするように、そう思いながら私は毎朝先生の背中を叩く。

それは口実、かもしれない。
本当は叩く、その僅かな時間でも、少しでも触れたいだけ。

本当はもっと触れたい。
でもどうしたらいいのか分からない。

そしてこんなただ叩くだけの行為にすら勇気が必要で、毎朝緊張で押しつぶされそうな胸はこれ以上の事になんて到底耐えられそうにない。


どきどき


胸を押さえながら、先生の背中を見続ける事すら耐えられず、追い越し、走って教室へと駆け込む。



「おはようっ!」
「まーたカガリったら走ってきたの?髪ぐちゃぐちゃ!」
「えっ!?本当に?」

慌てて手櫛で髪を押さえ付ける。
けれど強情な髪はなかなか言う事を聞いてはくれず、見るにみかねたフレイがカバンからワックスを取り出しどうにか直してくれた。

「でもカガリがこんな風に髪を気にするなんてどうしたの?」
「え!?あ、へ、変か?」
「今までどんなに言っても気にしなかったじゃない。……恋でもした?」
「へっ!?」

フレイの青い目が何でもお見通し、といったようにこちらを覗き込む。
心のうちをすべて見透かされているような気がして……頬に熱が集まる。

静まれ!私の胸!

「そんな事ないか!カガリだもんね!」
「そ……そうだぞっ」

思わず上ずってしまった声の拍子にフレイが気がつかないはずがない。
けれどそれ以上何も言わないし突っ込まない。

フレイはいつもそうだ。
私が話を聞いて欲しい時は話しかけなくても話しかけてくるし、嫌な時はそっとしておいてくれる。
だからフレイは格好いいし、素敵だ。
そんな彼女が私は大好きだ!

「ところで―」
「何だ?」
「ザラ先生なんだけど」
「!!」

前言撤回!
そっとしておいてくれない時もある!

「カガリ、仲良いわよね?」
「そ、そんな事ないぞっ」
「そう?去年の理科委員からよく話してたじゃない?」
「そっ……それは必要がある時だけ……っ」
「カガリ、去年から理科だけは成績すっごく伸びたじゃない?」
「そんな事ないって!えっと……英語だって伸びたぞ?」
「とにかく!あんな陰気そうな先生が誰かと楽しそうに話してるのってカガリ以外見たことないもの!」
「え……先生、私と楽しそうに話してたか……?」
「ええ、いつも『ああ』とか『そう』とかしか言わない先生が普通に会話してたもの」

それって『楽しそう』って言うのか……?

「だからカガリにお願いがあるの」

フレイが綺麗に微笑む。

私は知ってる。
これは良くない事が起きる前兆だということを―



「ザラ先生に放課後物理を教えて欲しいって言ってきて」

 | 短編  | Page Top↑
アスランの「1日1アスラン!!(10/23までTOPにきます)」のまねしてかいてみるね

やります?
バナークリックで拡大したいなv

*このエントリは、ブログペットの「カガリたん」が書きました。
 | 未分類  | Page Top↑
どうやら最近体調を崩している人が多いように思うが・・・
とても心配だっ

みんなきっと無理ばかりしているんだろう?

ちゃんと自分のことを大切にしないとだめだぞっ!

私が・・私が悲しいっ・・


だから今日はゆっくり休んでまた元気だそう?
みんな頑張れっ!
それまで待ってるぞ!


雑絵ばかりですが・・・
少々アレな絵を折りたたんであります・・・

血とか・・痛々しいのが苦手な方はご遠慮くださいーww
 | 雑記  | Page Top↑
早速  10/16/2009  
バナー貼ってくれてありがとうvvv>みなさま

うう・・お友達ってありがたい・・・そして皆ノリが良くって大好きだ!!!

ええと・・補足を。

毎日アスランに関する何かをUPする、というのが趣旨ですが・・ぶっちゃけ無理だったら1日でもOK!ww
もちろん書き溜めておいてUPするのもOK!(Pさんったら書き溜めずに毎日その日にかかなきゃいけないだなんて鬼畜すぎるよwwwありえないwww)
クオリティは不問です!
どんな落書きでも殴り書きでも何でもこーい!!



と、何だか事務的なことをかきつつ頭の中は「おひとりさま」をアスカガ変換したら楽しいかも・・という事でいっぱいですww
年上出来る先輩女「カガリ」、新人出来ないヘタレ「アスラン」

楽しい・・

ぶっちゃけどんな話でもアスカガ変換するだけで妙に楽しくなるwww

2話も見よう^^
 | 雑記  | Page Top↑
アスカガ漫画  10/15/2009  
突発漫画3ページ

画像クリックででっかくなります

文字が小さいかな?
読みにくかったらすみません;;


GO! More Open!!
 | 漫画みたいなもの  | Page Top↑
うおおww  10/14/2009  
わーww間に合わないww

あと少しなのに・・!


今晩3ページの漫画をUPします!(予告



今から出かけてきます!!(いそいそ
 | 雑記  | Page Top↑
ようやく  10/12/2009  
PCがHD無事で帰ってきた!!!!!!!

今夜絵茶行く!!

わーいわーい^^


 | 雑記  | Page Top↑
台風一過!(BlogPet)  10/11/2009  
アスランの「台風一過!」のまねしてかいてみるね

台風一過ですね~・次回こそ!関西アスカガオフ会!いいな~・結局休校だった!)大阪行けばよかったんだよね!)大阪行けばよかった^^そして娘がトライアングラーを覚えかけているww頼むから子供達とヒマしていきました^そして娘がトライアングラーを覚えかけていきましたww頼むから子供達とヒマしているww頼むから子供達とヒマしていきましたから子供達とヒマしてた!いいな~・(カラオケ行った!くっ・(カラオケ行ったww頼むから子供達とヒマしていきましたから人前で!)大阪行けばよかった!くっ・・結局休校だったか?うちのあたりは特に大きな被害も無く、無事過ぎていきましたから子供達とヒマしていきましたか?うちのところはいかがでしたんだよね!!)大阪行けばよかった^そして娘がトライアングラーを覚えかけているww頼むから子供達とヒマしてたから人前で口ずさまないで口ずさまないで!くっ・行きたかったww頼むから人前で!

*このエントリは、ブログペットの「カガリたん」が書きました。
 | 未分類  | Page Top↑
台風一過!  10/09/2009  
台風一過ですね!
みなさまのところはいかがでしたか?

うちのあたりは特に大きな被害も無く、無事過ぎていきました^^

そして・・・

行きたかった!関西アスカガオフ会!!

いいな~・・

結局休校だったから子供達とヒマしてたんだよね~・・・(カラオケ行ったwwそして娘がトライアングラーを覚えかけているww頼むから人前で口ずさまないで!!)


大阪行けばよかった!!!


くっ・・次回こそ!!!





 | 雑記  | Page Top↑
Sonatine 04  10/09/2009  
変わらない世界

けれど自分の世界は昨日色褪せてしまった

モノクロームの世界の中で



先が見えない




Sonatine 04
暗闇の中の光





「よく平気な顔して私の前に立てるものだな」

ひたすら広い、ただそれだけの空間に自分には大きすぎる豪奢な椅子が一つ置いてある。
王の間に鎮座する自分の前にアスランはやって来た。
少しでも力を抜いたら声が震えてしまいそうなのを、爪を手に食い込ませ我慢する。

「任務ですから」

瞬間思わず立ち上がりアスランを殴った。

力任せに殴ったというのにアスランは身動き一つせず、ただ一度、ゆっくりとまばたきだけをした。

「どうして避けないっ!」
「気に入らない事がありましたらどうぞ好きなようになさったらよろしいかと。自分の身は国家のもの、貴女のものですから」
「っ!」
「辞めさせないのですか?」
「閣僚に理由をどう説明させろと!?」
「どうとでも」

アスランの勝ち誇ったような顔が癪に障る。
ヤツは私が自分を辞めさせない事を知っている。
ヤツが私にした事を皆に言えないのを知っている。
泣くもんか!
悔し涙なんて見せてたまるか!

「お前なんて大っ嫌いだ!あっちへ行け!」
「かしこまりました。下がっておりますので御用の際にはお呼び下さい」

子供みたいな命令に対し、アスランはお辞儀一つして下がっていった。
その行動一つ一つにムカムカする。

入れ違いにパトリック・ザラが入室した。

「おや、アスランが何かしましたかな?」

明らかに機嫌の悪い王の顔を見て、パトリックはご機嫌伺いの作り笑顔を見せる。

「何でもない」
「そうですか、では私の方から報告を一つよろしいですかな」
「…何だ?」

嫌な予感がした。
これは悪い話だ。

「先ほど議会で一つの案が賛成多数で可決しました」
「何!?私がいないのに議会だと!?」
「ええ、今朝女王様の御加減がよろしくないとお聞きいたしましたので、失礼ながら不在のまま行わせていただきました」
「…っ!どうして声をかけない!今後は必ず私も同席する!」
「いえ、今後はもうよろしいのです」
「は!?どういう事だ!」
「議会で可決いたしましたのは、今後女王様の代わりに私がすべて執政するという事でございます」
「なん…だ…と…?」
「お忙しい女王様には対外公務のみ執り行っていただき、国の象徴として活躍していただきます」
「…悪い…冗談…だ…」
「ははは、冗談ではございません。そもそもまだ年もお若い女王様に全てをお任せするというのが無理だったのです。今後は落ち着いてゆっくりと外交を―」

パトリックの笑い声が王の間に響く。

「ふざけるなっ!」

沈黙の中、パトリックの笑顔が消えた。

「ふざけてはおりません。これは議会で決まった事なのです。―近衛兵!」

呼ばれてアスランと数人の兵が王の間に現れる。

「議会で決まった事に逆らえば、例え女王といえどもただでは済みませんぞ」






例え暗闇の中でも

一筋の光が見えたら頑張れる

でも

どんなに探しても光は見えなかった





→05

 | Sonatine  | Page Top↑
0123456!  10/06/2009  
きっかけはオーブのため
自分の治療費とAA滞在費用捻出のため



「アレックス」としての毎日に不満があるわけではない。

あるわけではないのだが…


このところある場所に行くのが習慣になりつつある。(※絵茶室参照)

しかしそれもストレスを解消するどころか更に増やしている気もしなくはないが…

そんな折、カガリまで行ってみたいと言う。

あまり気は乗らなかったのだが…余りに強く強請られて(これが可愛いんだ!)連れて行くことにした。


どうせいつもお金を注ぎ込むだけで増えやしない。

とりあえずカガリにやり方だけ教えて、カガリが始めて1分。
さすが双子!


いいんだ・・・
どうせ俺はそういう運命なんだ・・・











 | 種的日記(痛  | Page Top↑
下の記事(Sonatine 03)ですが、18禁ということでパスワードを設定してあります。
パスワードは 「⇒パスワード入力」をクリックすると注意事項とヒントが書いてありますので、それを参考にしてください。
くれぐれも自己責任でお願いいたします。
 | 未分類  | Page Top↑
Sonatine 03  10/05/2009  
今回は性的表現(しかも強姦…)がありますので18歳未満の方の閲覧は出来ません。
またそういった表現の苦手な方もご遠慮下さい。

今回の話を飛ばして読んでも物語の進行上大きな問題はありません。

読んでみたい方のみ自己責任でなにとぞよろしくお願いいたします。





注意しましたからねー!










 | Sonatine  | Page Top↑
個人的メモ  10/05/2009  
昨日は慌しく過ぎてしまったが、視察は非常に有意義なものだったので、個人的記録として何枚か写真を残しておくことにする。

まず目に入ったのは大きな滑り台。

これは非常に面白かった。
戦車すべりだい
親の都合で連れてこられた小さな子供たちの心をがっちりキャッチしている。
ここで戦車への関心を高めてからいよいよ訓練展示だ。
ヘリから降りてきた!
ヘリの急速接近、転回に続き隊員が降りてきたぞ!
攻殻みたいでかっこいい!と思ったのは内緒だ。

撃ち合いでは空砲とはいえ音と光と煙がすごい迫力だったぞ!
すごい音!
衝撃派というか、空気と地面の振動がすごかった。

子供たちは展示された戦車の上に乗って大喜びだ。
戦車
但し、上官が来て注意されるまでの間だったが・・・
現場の隊員には申し訳ないことをした。すまない。

最後に先程降りてきたヘリも少しだけ見せてもらったぞ。
3台降りたぞ
操縦席内部
傍らには女性のお客さんに熱烈ラブコールされているヘリを操縦してきた隊員がいたぞ。
アイツもいつもこんな感じで言い寄られてるのかな…いや、話がそれてすまない。

今回先着順で戦車の試乗も行われていた。
残念ながら整理券配布終了済みで乗れなかったのだが、毎年行われているという事なので来年はもう少し早く来て挑戦することにしよう。
試乗と言ってもただ乗るだけだと思っていた。
まさかグラウンドを一周してくれるなどとは…羨ましい…


ところで今回は陸自の一般公開だったわけだが、ちらほら海自の姿も見かけた。
正直すごーーく写真が撮りたかったのだが、ヘタレ故にためらわれ、必死でこっそり撮ってしまった…
精一杯ww
今度は海自の一般公開も無いものだろうか……

ところで今回聞きたかった事があったのに聞き忘れてしまった。
行く途中に高速道路で後ろに隊員を乗せたジープを見かけたのだが、シートベルトは付いているのだろうか?
道路交通法的にとても気になる。
 | 種的日記(痛  | Page Top↑
本日の報告  10/04/2009  
20091004150139
私だ。

今日は日本の自衛隊の演習の視察に来ている。

戦車の空砲の衝撃波に少し驚いたが…なかなか見事な演習だった。

我が国も国民にこういう一般開放をしてみるのも面白いな。

一度提案してみることにしよう。
 | 種的日記(痛  | Page Top↑
前略

そちらの様子はどうだ?

こちらは皆元気に過ごしている。

先日、突然荷物が届いて驚いている。

中身を見て・・・俺の好みを熟知している事にいささか驚いたが・・・嬉しく思ったぞ。

だがしかし、こんなものを送れとは言っておらんぞ!

礼が言いたいのならば直接会いに来ればいいだろうが!

あの時は俺だってお前とゆっくり話が出来て嬉しかったというのに・・・

俺とお前の間で水臭いではないかっ!

悪いと思ったらまた会いに来い!

来ないならば俺の方から行ってやる!!!

ゆっくり風呂に入って体を洗って・・・じゃなくて、首を洗って待っていろ!

その時はまたあの下着を着ておけよ!

それまで家族皆元気で過ごすんだぞ!

お前似の娘とアスラン似の息子によろしくな!


では失礼して―


美味しそうであるvvv
いただきます。
 | 種的日記(痛  | Page Top↑

アスカガ溺愛!

オエビ・絵茶室など

リンク

メールフォーム

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

INDEX

告知

OTHER

↓入隊しました!

ブログ内検索

RSSフィード