2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
自分…夏が好きです。
ムシムシしてても汗がだらだら出ようとも冷房無しで結構平気です。
半そでの服が好きです。
身軽な格好が好きです。

冬が嫌いです…

よって寒いと必然的に引きこもり傾向になって…いや完全にヒッキーです…
おかげでPCと向かい合ってばかりになり、いい大人としてそれはどうかというジレンマと戦いつつPCの魔力に負けてしまうのでした…
この寒い中お仕事に行かれたり、きちんと人間的生活を営んでらっしゃる方々、本当にお疲れ様です!
私の代わりに日本をよろしくお願いいたします!

あ!昨日早寝したので今夜は高確率で絵茶室行きます!
お願いですから…視姦プレイはいやん(汁
見かけたら声かけてください…とても喜びますvv

さてさて、今日もカガアス番外編です。
このカガアス話(タイトル決まらねえ!)本編最終話これからupする予定ですが、アスランサイドは最終話は必要ないと思うので、これが最後になるかと思います。

最後の…ハツカネズミのあがき、よろしければどうぞ!









今日は俺とキラの通う高校の学園祭。
カガリが…
カガリがやってくる!!!

そう思うとどうにも落ち着いてなど居られない!
スポンサーサイト
機動戦士ガンダムSEED DESTINY | 過去の遺物  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
どうも正月の風邪以来消化がよくない。
けれどアスカガ愛は相変わらず(無駄に)溢れている!!
お絵かき欲も止まらず眠い!!





お待たせ!…かどうかはよくわかりませんがHP連動カガアスSSアスランサイドその4です!









カガリに軽く頬にキスをしてもう既に半月…
俺の気持ちに気付いてくれたかと思いきや……
カガリの態度に全く!変化は無い!!

機動戦士ガンダムSEED DESTINY | 過去の遺物  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
壊れすぎたアスラン少し戻りました(笑
でもストーカーです(爆!
しかし何だかんだ言って結構いい思いしてるよな、アスラン…











いつもと同じように誰も居ない家へと帰る。
誰もいないのはわかっていても…玄関で一応「ただいま」を言ってから靴を脱ぐ。
当たり前のように誰も返事をする訳でもなく、別にそれが不幸だとも寂しいとも思っているわけでは無いけれど、いつも賑やかなヤマト家から帰ってくると少しだけセンチメンタルになる。

今日はカガリに一方的に否定され、更に落ち込んでしまった。

こんな日は早く寝てしまうに限る。

明日になれば…いい事もあるかも…しれない…


機動戦士ガンダムSEED DESTINY | 過去の遺物  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
あ…あれ???
アスランが予定より壊れた(汁)
本編のカガリの見るアスランのイメージとのギャップを楽しんでいただけたら嬉しいですvvv





※格好良くて完璧なアスランしか読みたくない方はご遠慮下さい☆








しばらく泳いだ後帰る事にした。

ようやくカガリがあの危険なビキニから着替えるかと思うとほっとする(少し残念だけど…)
がしかし、着替えて出てきた姿にまた衝撃を受けた。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY | 過去の遺物  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
あれ~???
幼馴染パロ(あ!タイトル決めました!僕はここにいるにしました。センス無くて哀しい…もっといいタイトルあったら教えてください;)の番外編書いてたはずでは…;;
なぜか突発的に違う話を書き始める私……
いやあの…幼馴染はアス→カガで…カガ→アスが書きたくなったけどやっぱりアス→カガじゃね?というよくわからない結果に…
でもまあこちらは「僕はここにいる」より短いはずなのであっさり終わらせます!というか「僕ここ」も終わらせる!

本編(カガリサイド)は真面目に書いてます。(HP参照
ブログのほうではアスランサイドを気楽に書いてUPします☆


今日はとりあえずカガアス小説番外編(タイトル未定)その1です!
できれはHPの本編から先にお読み下さい!












俺が彼女と初めて会ったのは多分俺が7歳で彼女が3歳の時。

5軒隣に引っ越してきたヤマト家の兄妹。
まだ舌足らずで何を言ってるのか半分も分からなかったけど、その綺麗な金髪と蜂蜜色の大きな瞳が好奇心でキラキラと輝いていたのを今でも憶えている。

俺は…あの時から4つも年下の彼女にずっと囚われたままだった。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY | 過去の遺物  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

アスカガ溺愛!

オエビ・絵茶室など

リンク

メールフォーム

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

INDEX

告知

OTHER

↓入隊しました!

ブログ内検索

RSSフィード